トレーニングコラム Day.45 | 企業スタンダードの封筒の種類と大きさ

Myアカウント

  • ID
    ID保存
  • PASSWORD
  • 無料サンプル  会員登録

ID/PWを忘れた場合

  • superprint自己紹介
  • 名刺デザインギャラリー
  • スーパーデザイナートレーニングコラム
  • 封筒印刷のTHEPRINT
  • チラシ印刷のTHEPRINT

コンタクト情報

icon会社名
株式会社スーパープリント
icon電話番号
こちらから
(平日10時~17時)
iconお問い合わせメール
info@super-print.jp
(年中無休)
iconお問い合わせフォーム
こちらから
(土日休日・夜間も対応)
iconお振り込み口座
みずほ銀行 横浜支店
普通口座 2823600
カ)スーパープリント

企業で用意しておきたい
封筒の種類と大きさ

市販の封筒の規格の種類や大きさについて知っておくと、用途によってどの封筒を使用すればいいのかがわかります。逆に、この封筒にぴったりと収まる印刷物を作成するにはどのサイズの用紙を使えばいいかもわかってきます。ここでは、企業で用意しておきたい封筒の種類と大きさについてご紹介します。

定形封筒、定形外封筒とは?

日本郵政が定める定形郵便とは長さ14~23.5cm、幅9~12cmの長方形で、厚さは1cmまでの郵便物のことです。重さは25gまでなら82円、50gまでなら92円で送ることができます。この定形郵便の条件を満たしている封筒は定形封筒と呼ばれることがあります。

それ以外の大きさの封筒を使った郵便物、50gを超える重さの郵便物は定形外郵便として扱われます。定形外を想定して売られている封筒は定形外封筒と呼ばれることがあります。定形外郵便は、最大サイズは3辺の合計が90cmかつ1辺が60cm、最大重量は4kgと決まっています。また、最小サイズは直径3cmで長さが14cmの円筒形かこれに似た形のもの、あるいは14×9cmのもの、と決まっています。形は四角形である必要はありません。

長形(なががた)封筒

長形封筒はタテの長さがヨコの長さの2倍程度ある細長い封筒のことです。長形封筒には以下のものがあります。

定形外の長形封筒には、長形1号(142×332mm)、長形2号(119×277mm)があります。長形1号はA6、B6の用紙が折らずに入ります。また、A4タテ2つ折・B4判ヨコ3つ折り、CDジャケット、写真2L版が入るサイズでもあります。長形2号はA6、B7の用紙が折らずに入り、はがきもそのまま入ります。

定形の長形封筒には、長形3号(120×235mm)、長形4号(90×205mm)、長形5号(90×185mm)、長形40号(90×225mm)、長形30号(92×235mm)があります。長形3号はA4判ヨコ3つ折りが入る定番の封筒サイズです。

角形(かくがた)封筒

角形封筒はタテの長さがヨコの長さの2倍よりも短い、長形封筒より正方形に近い形の封筒です。角形封筒には以下のものがあります。

定形外の角形封筒には、角形B3号(375×525mm)、角形0号(287×382mm)、角形1号(270×382mm)、角形2号(240×332mm)、角形20号(229×324mm)、角形3号(216×277mm)、角形4号(197×267mm)、角形5号(190×240mm)、角形6号(162×229mm)、角形7号(142×205mm)、角形8号(119×197mm)があります。角形B3号はA3、B3の用紙が折らずに入る、定形外郵便では最大の封筒サイズです。角形0号にはB4の用紙が、角形1号にはB4の用紙が、角形2号にはA4の用紙が、角形3号と角形4号にはB5の用紙が、角形5号と角形6号にはA5の用紙が、角形7号にはB6の用紙が、それぞれ折らずに入ります。書類やパンフレット、雑誌などを入れるのによく使われるのは角形2号でしょう。

定形の角形封筒には角形8号(119×197mm)があります。角形8号は給料袋や月謝袋に使われるサイズの封筒です。

洋形(ようがた)封筒

洋形封筒は長辺に封入口がある、洋風の封筒です。宛名は縦書きで書くこともありますが、封筒を横向きに使って、横書きで書くことも多いでしょう。洋形封筒には以下のものがあります。なお、洋形封筒は洋形特1号など一部を除いて、ほとんどが定形郵便です。

定形の洋形封筒には、洋形0号(235×120mm)洋形1号(176×120mm)、洋形2号(162×114mm)、洋形3号(148×98mm)、洋形4号(235×105mm)、洋形5号(217×95mm)、洋形6号(190×98mm)、洋形7号(165×92mm)、洋形東京3号(170×120mm)、洋形長4号(205×90mm)があります。洋形1号、洋形2号はA5二つ折りが、洋形3号はB5二つ折りが、洋形4号はA4三つ折りが、それぞれ入ります。また、洋形5号はB5三つ折りが入り、挨拶状、招待状などを封入するのによく使われ、洋形6号はB5三つ折りが入り、チラシやフライヤー封入するのによく使われます。洋形0号は洋形長3号と同じサイズで、A4判三つ折が入り、DMや役所からの郵便物などによく使われます。

封筒の大きさや形は、何を入れるか、どんな大きさの用紙を入れるかによって最も適したものを選ぶのがスマートです。使い分けができるよう、必要な種類と大きさの封筒をそろえておくようにしましょう。封筒の種類やサイズについては、THE PRINTの「封筒サイズセレクトガイド」ページにも詳細が書いてあるのでご活用ください。http://www.theprint.jp/product/env_sizeguide.asp

Day.46 封筒デザインを作成するときのコツに進む→

このページトップへ移動

© 2009-2016 SuperPrint, Limited