トレーニングコラム Day.17 | 印刷用紙の種類と特徴

Myアカウント

  • ID
    ID保存
  • PASSWORD
  • 無料サンプル  会員登録

ID/PWを忘れた場合

  • superprint自己紹介
  • 名刺デザインギャラリー
  • スーパーデザイナートレーニングコラム
  • 封筒印刷のTHEPRINT
  • チラシ印刷のTHEPRINT

コンタクト情報

icon会社名
株式会社スーパープリント
icon電話番号
こちらから
(平日10時~17時)
iconお問い合わせメール
info@super-print.jp
(年中無休)
iconお問い合わせフォーム
こちらから
(土日休日・夜間も対応)
iconお振り込み口座
みずほ銀行 横浜支店
普通口座 2823600
カ)スーパープリント

印刷用紙の主な種類とそれぞれの特徴

デザイン制作物を印刷注文する際に悩みがちなのが、どのような用紙を選べばいいのかという問題です。そして用紙の厚さもまた印刷結果に違いをもたらします。ここでは印刷用紙の主な種類と特徴、そして用紙の厚さについて解説しましょう。

印刷用紙の特徴って?

印刷用紙には次のような種類があります。それぞれの特徴と向いている用途を知っておきましょう。なお、SuperPrintの用紙の紙質分類については「名刺用紙セレクトガイド」ページにて一覧をまとめています。

上質紙

上質紙は表面、裏面ともコーティングされていない用紙です。一般的に使用されているコピー用紙とほぼ同等の質、風合いの紙と理解すればわかりやすいでしょう。表面に光沢はなく、ややざらついています。印刷では発色性はそれほど高くありませんが、鉛筆やボールペンによる筆記はしやすい紙です。

コート紙

表面、裏面に薄くコート剤を塗布した用紙です。印刷すると光沢が出て、発色性がよく、写真なども比較的美しく再現されます。新聞折込チラシ、パンフレットなどにもよく使用されます。一般的な用紙でコストパフォーマンスに優れています。

マットコート紙

コート紙の光沢を抑えたマットな質感の用紙です。しっとりと落ち着きがあり、高級感のある用紙として知られています。反射が少ない分、文字が多くても読みやすく、パンフレットのほか、会社案内や冊子にも使われます。色味はやや沈んだ仕上がりになる傾向があります。

アートポスト紙

表面、裏面に顔料を塗布した用紙で、やや厚みがあります。表面には光沢があり、ポストカードとして使用することが想定されています。名刺にも活用可能です。色の再現性は高く、鮮やかな仕上がりが得られます。

印刷用紙の厚さと重さについて

用紙の厚さは印刷業界ではしばしば「kg」で表されます。厚さなのに重さで表すのは不思議ですが、これは紙が非常に薄いものなので、一定の大きさの紙の重量で示したほうがわかりやすいからです。例えば四六判(788mm×1,091mm)という原紙の、1,000枚(一連)あたりの重さで表示する方法があり、これを「四六判連量」といいます。kgの数値が高い(重い)ほど、1枚の厚さは厚いということです。名刺の場合には220kg程度の四六判連量が適しています。

ただ、四六判連量だけでは一般の人には厚さのイメージが伝わりづらいという問題もあります。そこでスーパープリントでは、四六判連量のほかに、「厚さ」「厚さレベル」「坪量」ということを合わせて4つの指標を各用紙に掲載しています。「厚さ」とはマイクロメーターで計測した紙の厚みです。ただし、メーカーからのロットや計測時の環境により0.01~0.03mm程度の誤差が生じます。「厚さレベル」は実際に手で触った感じや折り曲げた際の反力(コシ)などから、感覚値を5つにレベル付けしたものです。「坪量」は製紙メーカーから公表されている紙の重さです。これらの数字から、できるだけイメージに近い厚さの紙を選択できるようになっています。

印刷用紙の種類と厚さは仕上がりに違いをもたらします。実際に刷って、手に取ってみなければわからない部分もありますが、概要がわかっていればイメージに大きなズレが生じることを防げるはずです。印刷を注文する際の知識として、頭に入れておくといいでしょう。

Day.18 印刷物の主な加工の種類とそれぞれの特徴に進む→

このページトップへ移動

© 2009-2016 SuperPrint, Limited