トレーニングコラム Day.10 | 英語フォントの種類

Myアカウント

  • ID
    ID保存
  • PASSWORD
  • 無料サンプル  会員登録

ID/PWを忘れた場合

  • superprint自己紹介
  • 名刺デザインギャラリー
  • スーパーデザイナートレーニングコラム
  • 封筒印刷のTHEPRINT
  • チラシ印刷のTHEPRINT

コンタクト情報

icon会社名
株式会社スーパープリント
icon電話番号
こちらから
(平日10時~17時)
iconお問い合わせメール
info@super-print.jp
(年中無休)
iconお問い合わせフォーム
こちらから
(土日休日・夜間も対応)
iconお振り込み口座
みずほ銀行 横浜支店
普通口座 2823600
カ)スーパープリント

英字フォントの主な種類とそれぞれの特徴

グラフィックデザインを行うときには、英字フォントを使ってみるのも楽しいものです。日本語フォントにはない美しさ、楽しさ、面白さがあるので、デザイナーとしての幅を広げるためにも、気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょう。
ここでは英字フォントの代表的な種類ごとに、それぞれの特徴をご紹介します。

英字フォントの種類

セリフ体、サンセリフ体、スクリプト体、ブラックレター体という4つの英字フォントについて解説します。

セリフ体

「セリフ」とは文字の線の端につく「ウロコ」「ヒゲ」などと呼ばれる飾りのことです。セリフ体は日本語フォントでは明朝体にあたるものといえます。

同じセリフ体でも、オールドフェイス、モダンフェイス、トラディショナル、スラブセリフなどの種類が存在します。セリフ体の一般的な印象は「落ち着いている」「繊細」「気品がある」「古風」「女性的」「アナログ」などです。セリフ体は読みやすく、英語の本や小説、雑誌の長文の本文などはセリフ体が使用されるのが一般的です。

サンセリフ体

サンセリフの「サン(Sans)」には「~なしに」という意味があります。つまりサンセリフ(Sans-serif)体とはセリフ体のような装飾がないフォントということです。
日本語フォントでいえばゴシック体にあたります。画の端などに装飾がなく、文字を構成する線は基本的にすべて同じ太さです。

サンセリフ体にも多くの種類のフォントがあり、有名なのはヘルベチカ、エアリアルなどです。サンセリフ体の印象は「明確」「強い」「若々しい」「男性的」「デジタル」などでしょう。ポスターのキャッチコピー、看板などはサンセリフが使われることが多いようです。サンセリフ体が読ませることを目的としたフォントであるのに対し、セリフ体はビジュアル的な要素が高いといえます。なお、英字の道路標識には、ハイウェイゴシック体という少しニュアンスの違った書体がよく使われています。

スクリプト体

スクリプト体は筆記体の英字フォントです。スクリプト系フォントとも呼ばれるように、これもたくさんの種類があります。日本人向けとしてはパッと見て読みづらいという問題はありますが、エレガントさ、より伝統的な雰囲気、ガーリーなイメージ、おしゃれな感じなどを表現したい時に上手に使えば面白い効果をもたらしてくれるでしょう。

ブラックレター体

ブラックレター体は、独特なテイストを持つ英字フォントです。11、12世紀のヨーロッパで作られ、15世紀頃に普及してラテン語の聖書などにも用いられた歴史があります。それだけに古めかしさがあり、今では退廃的な雰囲気を醸し出すフォントとしても使われています。かなりデザイン性の高いフォントといえるでしょう。

ブラックレター体として知られる代表的なフォント(書体)にはテクストゥール、カーシヴ、ハイブリッドなどがあります。日本語フォントでいうところのゴシック体とは異なるデザインですが、英語では「Gothic Script」といえばこのブラックレター体を指します。

英字フォントは日本語フォントとはまた別の魅力があり、奥深さがあるものです。英字フォントのいくつかの種類を日本語フォントと合わせて知っていれば、よりデザインの幅が広がるでしょう。

Day.11 色の3要素「色相、明度、彩度」の基礎知識に進む→

このページトップへ移動

© 2009-2016 SuperPrint, Limited