トレーニングコラム Day.57 | 個人事業主の名刺デザイン

Myアカウント

  • ID
    ID保存
  • PASSWORD
  • 無料サンプル  会員登録

ID/PWを忘れた場合

  • superprint自己紹介
  • 名刺デザインギャラリー
  • スーパーデザイナートレーニングコラム
  • 封筒印刷のTHEPRINT
  • チラシ印刷のTHEPRINT

コンタクト情報

icon会社名
株式会社スーパープリント
icon電話番号
こちらから
(平日10時~17時)
iconお問い合わせメール
info@super-print.jp
(年中無休)
iconお問い合わせフォーム
こちらから
(土日休日・夜間も対応)
iconお振り込み口座
みずほ銀行 横浜支店
普通口座 2823600
カ)スーパープリント

フリーランス、
個人事業主の名刺デザインのコツ

ビジネスマンにとって名刺は必要不可欠なものですが、フリーランスや個人事業主の人にとってはどうでしょう。どのような名刺にするのが適していて、相手の印象に残るのでしょうか。今回はフリーランス、個人事業主用の名刺をデザインする際に知っておきたいコツについて解説します。

フリーランス、個人事業主の名刺の重要性

フリーランスや個人事業主の人にとって、名刺は重要な営業ツールでありコミュニケーションツールです。クライアントはもちろん、仕事を介して知り合った人、セミナーで顔を合わせた人など、名刺を渡す機会があれば積極的にそれを生かしていくべきです。名刺をキッカケにして話が膨らみ、相手の記憶に残れば、その後の仕事につながるチャンスも得られるでしょう。
最近では、渡す相手によって異なるデザインの名刺を用意する人も増えています。例えばフリーライターであれば、仕事で会う編集者、デザイナー、カメラマンなどに渡す名刺と、取材で会う広報担当者や取材対象者に渡す名刺とでは役割が違ってきます。編集者に渡す名刺には裏面などに過去の著作や実績、得意分野などを記載しておけば次の仕事につながるアピールになるでしょう。営業ツールとしての使い方です。一方、取材相手に渡す名刺は対外的なものなので肩書を載せ、場合によっては担当媒体の名前も載せることになります。さらに、同業界人や同業者に渡す名刺はデザイン性を重視して遊び心のあるものとして作り、コミュニケーションツールとして活用する方法もあります。

フリーランス、個人事業主の名刺に入れたほうが良いもの

名刺に必ず入れるべき要素としては、名前、住所、電話番号、メールアドレスがあります。フリーランス、個人事業主の場合、会社員なら社名と部署名が入るところには、「○○プランニング」「△△デザイン事務所」といった屋号、肩書きを記載することになります。営業用名刺では、電話番号は事務所(または自宅)の電話番号の他、携帯電話、FAX番号も載せることが多いでしょう。
営業用名刺には、Webページがある場合はそのURLも記載すべきです。URLと同時に検索ワード、QRコードを記載するとアクセス率が高くなるでしょう。FacebookやTwitterなどSNSのアカウントを載せる人もいます。
デザイン面では、フリーランスや個人事業主の方は、一般的な名刺よりも自由に工夫をする余地があります。クリエイティブな業界や職種では、いかに柔軟な発想のデザインの名刺であるかが、そのままその人の評価につながることもあるでしょう。特に業界内で使用する名刺には、センスの良いデザインや、何かアイデアのある名刺を考案して、話題作りに活用したいところです。

フリーランス、個人事業主の名刺にプラスするなら

アピール力のある個性的な名刺を作る、あるいは相手によってデザインの異なる名刺を用意するなら、用紙の素材、加工などにこだわって名刺を作成するのがおすすめです。
用紙は標準的な用紙よりも上位の品質のものを選ぶと、安っぽくない質感、手触り、見た目を得ることができます。さらに違いを出すなら、半透明素材、プラスチック素材など特殊な用紙を選ぶ方法もあります。名刺を差し出しただけで話のネタになり、強い印象を残すことができるでしょう。また、デザイナーやイラストレーターに人気なのは、画用紙のような優しい質感の用紙、素朴で自然な風合いのある用紙です。逆にシャープな印象の未来感のある用紙もあるので、自身の求めるテイストの素材を選び、センスフルなデザインと組み合わせれば、納得のいく名刺を作ることができるでしょう。
ほかには、オプション加工を施すことで個性を出すこともできます。透明のジェル状樹脂を厚盛りし、カラーのワンポイントイラストなどを好きな箇所にレイアウトできる「カラーエンボス加工」は、ロゴマークやイラストに使用するなど、使い方次第で印象的な表現が可能になります。レーザー光で指定箇所を焼き切って文字や図形を切り抜いて表現できる、「レーザーカット加工」もユニークです。過去の実績など文字情報を多く掲載したい場合は二つ折り名刺にするという選択肢もあります。
このように、フリーランスや個人事業主の人が差し出す名刺には何かしらの工夫やアイデアが欲しいところです。そこに現れるセンスによって、相手に与える印象も変わります。ぜひ自分をアピールできる名刺作りに挑戦してください。

Day.58 起業家の名刺を作成するときのコツに進む→

このページトップへ移動

© 2009-2016 SuperPrint, Limited